「地球環境の殿堂」に3氏 国立京都国際会館で11月15日表彰式 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

槌屋氏 再生可能エネ普及を推進/ビダル氏 環境保全国際交渉に貢献/トンプキンス氏 自然保護財団を設立

 府や京都市などは、地球環境の保全に貢献した個人・団体を顕彰する「KYOTO地球環境の殿堂」の第12回殿堂入り者を決定した。京都エコエネルギー学院長の槌屋治紀氏(78)▽WWF(世界自然保護基金)気候エネルギーリーダーのマニュエル・プルガール・ビダル氏(58)=ペルー▽アウトドア用品メーカー、パタゴニアの元CEOのクリス・トンプキンス氏(70)=米国――の3人。表彰式は、新型コロナウイルスの感染状況をみながらオンラインも含め、11月15日に国立京都国際会館(京…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文706文字)

あわせて読みたい

注目の特集