弥生期の畝立て畑跡 国内最古級 徳島・南蔵本遺跡 /徳島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
南蔵本遺跡で確認された畑跡。白い線で囲まれた部分が畝の跡=徳島県埋蔵文化財センター提供
南蔵本遺跡で確認された畑跡。白い線で囲まれた部分が畝の跡=徳島県埋蔵文化財センター提供

 県埋蔵文化財センターは、徳島市南蔵本町1の南蔵本遺跡で、弥生時代前期(紀元前6世紀~同4世紀ごろ)の畑跡を確認したと発表した。畝の跡も確認でき、畝立てをした畑としては、同時期の「庄・蔵本遺跡」(同市庄町)の畑とともに国内最古級という。

 センターによると、今回の調査は県立中央病院のER棟整備に伴い、…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

あわせて読みたい

注目の特集