ホンダ、2040年脱ガソリン 全新車、EV・FCVに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2040年に世界の新車販売を全てEVとFCVにすると発表したホンダの三部敏宏社長=東京都港区で23日午後、杉山雄飛撮影
2040年に世界の新車販売を全てEVとFCVにすると発表したホンダの三部敏宏社長=東京都港区で23日午後、杉山雄飛撮影

 ホンダの三部敏宏社長は23日、東京都内で記者会見し、2040年に世界の新車販売をすべて電気自動車(EV)か水素を燃料とする燃料電池車(FCV)にする目標を明らかにした。世界各国で高まる温室効果ガス削減への流れを受け、先進国ではEVとFCVの販売比率を30年に40%、35年に80%と段階的に引き上げていく。ホンダの20年の販売比率は0・3%しかなく、実現できるかは不透明だ。

 具体的な戦略として、日本では24年に軽自動車のEVを発売する。北米では、電動車の開発で提携を結ぶ米ゼネラル・モーターズ(GM)と共同で大型EV2車種を24年に投入。中国でも今後5年以内に自社ブランドでEV10車種を新たに販売する。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文709文字)

あわせて読みたい

注目の特集