特集

2021衆参補選・再選挙

4月25日投開票予定の衆院北海道2区補選と参院長野選挙区補選、参院広島選挙区再選挙を紹介します。

特集一覧

衆院北海道2区補選 陣営、低投票率を懸念 期日前8日間で2.82%

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院道2区補選で候補者の第一声に耳を傾ける市民ら=札幌市北区で2021年4月13日午前9時24分、貝塚太一撮影
衆院道2区補選で候補者の第一声に耳を傾ける市民ら=札幌市北区で2021年4月13日午前9時24分、貝塚太一撮影

 在宅起訴された吉川貴盛元農相(自民党を離党)の議員辞職に伴う衆院北海道2区補選は25日、投開票される。補選は投票率が全国的に低い傾向があるのに加え、新型コロナウイルスの感染拡大も続いており、立憲民主党元職の松木謙公(62)▽無所属新人の鶴羽佳子(53)▽無所属新人の長友隆典(52)▽日本維新の会新人の山崎泉(48)――の主要4候補の陣営はいずれも、低投票率になることを懸念している。

 衆院道2区の投票率は1996年以降、民主党(当時)が政権交代を果たした2009年が71・03%で最高。14年が52・86%で最低だった。このほか6回は55・90%~67・97%となっている。

 今回の補選の投票率について、…

この記事は有料記事です。

残り1133文字(全文1437文字)

【2021衆参補選・再選挙】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集