特集

ミャンマークーデター

ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏らを拘束。市民や国際社会からは抗議と批判が相次いでいます。

特集一覧

ミャンマー現状に「深い懸念」 ASEAN、暴力即時停止など合意

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
臨時の首脳会議に出席したミャンマー国軍のミンアウンフライン最高司令官(右端)=ジャカルタで2021年4月24日(インドネシア大統領府提供・AP)
臨時の首脳会議に出席したミャンマー国軍のミンアウンフライン最高司令官(右端)=ジャカルタで2021年4月24日(インドネシア大統領府提供・AP)

 クーデターに抗議するデモへの武力弾圧が続くミャンマー情勢などを巡り、東南アジア諸国連合(ASEAN、10カ国)は24日、事務局のあるインドネシアの首都ジャカルタで臨時の首脳会議を開いた。ミャンマーからは、国軍がクーデター後に設置した最高意思決定機関「国家統治評議会」の議長としてミンアウンフライン国軍最高司令官が出席した。同氏の外国訪問は2月1日にクーデターで全権を掌握してから初めて。

 会議後公表された議長声明では、ミャンマーの現状に「深い懸念」を表明。①暴力の即時停止②全ての当事者の建設的な対話③ASEAN議長を特使としてミャンマーに派遣――などで合意したとした。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文832文字)

【ミャンマークーデター】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集