星出さん、野口さんと合流 クルードラゴンがISSとドッキング

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 星出彰彦宇宙飛行士(52)ら4人を乗せた米スペースX社の宇宙船「クルードラゴン」が日本時間24日午後6時過ぎ、国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングに成功した。星出さんは約1日の飛行を終え、ISSに滞在中の野口聡一飛行士(56)と合流、約半年間の長期滞在を始めた。日本人飛行士がISSに同時滞在するのは2010年の野口さんと山崎直子さん(50)以来、11年ぶり。

 星出さんの宇宙飛行は3回目で、今回は日本人2人目となるISS船長を務める。滞在中の飛行士を指揮する立場で、科学実験やISSの補修作業などを地上と調整しながら進める。

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文492文字)

あわせて読みたい

注目の特集