連載

会いたい・聞かせて

栃木県内で活躍する「あの人」にインタビュー。苦労や楽しみ、展望を聞きました。

連載一覧

会いたい・聞かせて

社会全体で文化継承を 日光社寺文化財保存会 技師長 浅尾和年さん(69) /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日光社寺文化財保存会技師長の浅尾和年さん=栃木県日光市で2021年4月22日、御園生枝里撮影
日光社寺文化財保存会技師長の浅尾和年さん=栃木県日光市で2021年4月22日、御園生枝里撮影

 2020年12月に国連教育科学文化機関(ユネスコ)は日本の「伝統建築工匠の技 木造建造物を受け継ぐための伝統技術」の無形文化遺産登録を決めた。17分野の技術のうち「建造物彩色」「建造物漆塗」は日光社寺文化財保存会の技術。同会の技師長、浅尾和年さん(69)に登録の受け止めや今後の課題を聞いた。【御園生枝里】

 ――改めて無形文化遺産に登録された感想を教えてください。

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1401文字)

あわせて読みたい

注目の特集