鴨川マリン開発 業務委託料改定 売り上げの85%に /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鴨川市のプレジャーボート係留施設「鴨川フィッシャリーナ」を管理する市の第三セクター「鴨川マリン開発」(社長・長谷川孝夫市長)の取締役会が23日、市役所で開かれ、業務委託先の市漁業協同組合に支払う委託料を総売り上げの85%とすることを決めた。3月に業務委託を解除した「有限会社ケイジーエム」には99%…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

あわせて読みたい

注目の特集