特集

2021衆参補選・再選挙

4月25日投開票予定の衆院北海道2区補選と参院長野選挙区補選、参院広島選挙区再選挙を紹介します。

特集一覧

衆参3選挙で与党2敗 北海道2区と長野、立憲候補が当確

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一票を託す有権者(イメージ)
一票を託す有権者(イメージ)

 菅政権発足後初の国政選挙となった衆院北海道2区補選、参院長野選挙区補選、参院広島選挙区再選挙は25日投開票された。長野補選は、立憲民主党の新人、羽田次郎氏(51)=共産党、国民民主党、社民党推薦=が当選を確実にした。北海道2区補選は、立憲民主党の元職、松木謙公氏(62)=国民民主党、社民党推薦=が5回目の当選を確実にした。6人が立候補した広島再選挙は、諸派新人の宮口治子氏(45)=立憲民主党、国民民主党、社民党推薦=と、自民党新人の西田英範氏(39)=公明党推薦=が競り合っている。

 3選挙は次期衆院選の前哨戦の位置付けで、与党の2敗が確定した。菅政権の新型コロナウイルス対応や「政治とカネ」の問題が主な争点となった。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文799文字)

【2021衆参補選・再選挙】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集