特集

2021衆参補選・再選挙

4月25日投開票予定の衆院北海道2区補選と参院長野選挙区補選、参院広島選挙区再選挙を紹介します。

特集一覧

自民の「不戦敗」で議論実らず 立憲勝利の衆院北海道2区補選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
当選が確実となり、支援者から花束を受け取る松木謙公氏(中央)=札幌市北区で2021年4月25日午後8時15分、貝塚太一撮影
当選が確実となり、支援者から花束を受け取る松木謙公氏(中央)=札幌市北区で2021年4月25日午後8時15分、貝塚太一撮影

 菅政権下で初めての国政選挙として25日に投開票された衆参3選挙。衆院北海道2区補選は立憲民主党元職の松木謙公氏(62)=国民民主党、社民党推薦=が、参院長野選挙区補選は立憲民主党新人の羽田次郎氏(51)=共産党、国民民主党、社民党推薦=が、それぞれ当選を確実にした。

 収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛元農相(自民党を離党)の辞職に伴う北海道2区補選。「政治とカネ」を巡る問題が注目されたが、自民党が「不戦敗」を選んだことで、議論は活発化したとは言い難い。

 補選は計6人が立候補する乱戦に。松木氏は選挙戦で、長年の政敵だった吉川氏を念頭に「(『政治とカネ』が)争点になること自体が問題」「政治の力を自分のお小遣いに変えてはいけない。(収賄罪は)そもそもやってだめなことで、法律違反だ」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文742文字)

【2021衆参補選・再選挙】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集