特集

2021衆参補選・再選挙

4月25日投開票予定の衆院北海道2区補選と参院長野選挙区補選、参院広島選挙区再選挙を紹介します。

特集一覧

「兄の命を奪ったコロナ」対策批判の羽田氏が当確 参院長野補選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院長野選挙区補選で当選が確実となり、贈られた花束を手に笑顔の羽田次郎氏=長野市で2021年4月25日午後8時5分、宮間俊樹撮影
参院長野選挙区補選で当選が確実となり、贈られた花束を手に笑顔の羽田次郎氏=長野市で2021年4月25日午後8時5分、宮間俊樹撮影

 菅政権下で初めての国政選挙として25日に投開票された衆参3選挙。衆院北海道2区補選は立憲民主党元職の松木謙公氏(62)=国民民主党、社民党推薦=が、参院長野選挙区補選は立憲民主党新人の羽田次郎氏(51)=共産党、国民民主党、社民党推薦=が、それぞれ当選を確実にした。

 立憲民主党の羽田雄一郎元国土交通相の死去に伴う長野補選。「弔い合戦」に臨んだ弟の羽田氏は「兄の命を奪った新型コロナを一日も早く収束させる」と訴え、幅広い支持を取り付けた。25日夜、当選確実の報に「兄の思いを引き継いでやっていきたい」と話した。

 父は2017年に死去した元首相の孜氏。非自民勢力を結集して強固な地盤を築いた。秘書を務めたこともある羽田氏は、父の政界引退前から手がけていた会社経営に専念。地盤は兄が引き継いだ。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文719文字)

【2021衆参補選・再選挙】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集