「事故を忘れない」 乗客ら、車内で黙とう JR福知山線脱線16年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
事故発生時刻に黙とうする男性=兵庫県尼崎市で2021年4月25日午前9時18分、木葉健二撮影
事故発生時刻に黙とうする男性=兵庫県尼崎市で2021年4月25日午前9時18分、木葉健二撮影

 乗客106人と運転士が死亡し、562人が重軽傷を負ったJR福知山線脱線事故は25日、発生から16年を迎えた。

 事故が起きた午前9時18分ごろと同じ時間帯に兵庫県尼崎市の事故現場を通過する宝塚発木津行きの快速電車では、伊丹駅を出発後に「この事故を心に刻み、安全運行に努め、改めてお客様から安心してご利用いただけるよう全力をあげて取り組んでまいります」と車掌のアナウンスが流れた。

 事故現場手前から時速約25キロの徐行運転に入ると、運転台に添乗したJR西日本の森川国昭・大阪支社長は慰霊施設「祈りの杜(もり)」に向かって敬礼し、乗客らは黙とうをささげた。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文533文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集