55年ぶりに「新」なし 大相撲夏場所の番付発表 白鵬は休場濃厚

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
両国国技館=東京都墨田区で、本社ヘリから
両国国技館=東京都墨田区で、本社ヘリから

 大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)の新番付が26日、発表された。昨年は新型コロナウイルス感染拡大で政府による緊急事態宣言の延長を受けて中止になったため、2年ぶりの開催となる。今年も緊急事態宣言が発令され、3日目の11日まで無観客で開催する方針。

 先場所優勝の照ノ富士は2017年秋場所以来、21場所ぶりに大関に復帰した。平幕陥落後の返り咲きは1977年春場所の魁傑以来で、序二段からの復帰は史上初めて。豪栄道、高安、貴景勝、栃ノ心が大関だった19年名古屋場所以来…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

あわせて読みたい

注目の特集