オール読物新人賞 歴史時代小説、ウェブ応募に限定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪の仕事場から参加し、歴史時代小説の書き方について語る作家の門井慶喜さん=文芸春秋提供
大阪の仕事場から参加し、歴史時代小説の書き方について語る作家の門井慶喜さん=文芸春秋提供

 人気作家を輩出してきたオール読物新人賞(文芸春秋主催)が、101回目を迎える今年からリニューアルする。ジャンル不問だった募集作品を歴史時代小説に特化し、2月からウェブ上でのみ受け付けている。

 同賞は1952年に始まった。新人作家を発掘する文学賞として短編作品を公募。過去に藤沢周平や桜木紫乃さんら、後の直木賞受賞者を含む人気作家が受賞してきた。

 今年からジャンルを歴史時代小説に限定するが、その範囲は広い。戦国時代はもちろん近現代も含まれるほか、中国やヨーロッパなど海外も対象となる。『オール読物』の川田未穂編集長は「範囲を狭めたと思われるかもしれないが、書き方によってはファンタジー的な要素を取り入れることもできる」と呼びかける。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文741文字)

あわせて読みたい

注目の特集