ドローンサッカー 別府で国内初の公式大会 日ごろ鍛えた腕競う /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
飛び交うドローンが熱戦を繰り広げたドローンサッカーの公式大会。中央に円状の「ゴール」が見える
飛び交うドローンが熱戦を繰り広げたドローンサッカーの公式大会。中央に円状の「ゴール」が見える

 「ドローンサッカー」の国内初の公式大会が25日、別府市であった。集まった参加者は飛び交うドローンを巧みに操作し、日ごろ鍛えた腕を競った。【津島史人】

 「日本ドローンサッカー連盟」(JDSF)が主催する「第1回JDSFカップ」として、国際ルールに沿って実施した。

 ドローンサッカーは、1チーム5人で計5台のドローンを操り、うち1台の「球」役の攻撃用ドローンを、相手陣地内の空中に設置した「ゴール」を通過…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

あわせて読みたい

注目の特集