特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-羽生善治九段 第45局の4

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

打開

 三浦は40分近く考えて[先]5五銀右と上がった。千日手は選ばず、真っ向勝負を挑む。「[先]6七金は自信ない」と三浦。代えて[先]9七角[後]9五歩[先]4五桂[後]9六歩[先]8六角[後]7五角[先]同角[後]同飛[先]6六角[後]7四飛[先]1一角成[後]3三桂も自信なしだ。「[先]9七角はどこかであると思った」と羽生。[先]5五同銀に[後]3五歩の桂頭攻めが控室の検討だったが、羽生はじっと[後]3三桂と跳ねた。「これがお利口さんかもわかれへんなあ」と淡路九段。控室の見解は後手持ちだ。

 [後]6四同歩に[先]4一角の飛車金両取りが見えるが「角で飛車を追っても仕方ない将棋」と三浦。[先]8六飛と浮いて桂頭をケアしたが、代えて[先]9七角が羽生の読み。以下(1)[後]3一金は[先]6四銀と出て気分がいい。(2)[後]3五歩には[先]8六飛と浮き、以下[後]3一金[先]6八玉[後]9五歩[先]同歩[後]3六歩[先]同飛[後]2七銀[先]同金[後]同歩成[先]3四歩[後]3七と[先]同…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文628文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集