特集

2021衆参補選・再選挙

4月25日投開票予定の衆院北海道2区補選と参院長野選挙区補選、参院広島選挙区再選挙を紹介します。

特集一覧

「問題は自民だった」 広島再選挙の敗北、公明にくすぶる不満

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
公明党本部=東京都新宿区で、曽根田和久撮影
公明党本部=東京都新宿区で、曽根田和久撮影

 25日の参院広島再選挙で公明党が推薦した自民党候補の敗北をめぐり、公明党内から、自民党本部の動きが鈍かったことへの不満が出ている。公明は、「政治とカネ」の問題や新型コロナウイルス対策への有権者の批判も「反自民票」として表れたと分析。菅義偉首相が今後も後手に回れば、次期衆院選で公明が自民退潮の「道連れ」になりかねないと懸念する。

 「衆院広島3区への影響はないとは言えない」。公明党の石井啓一幹事長は25日夜、参院広島選挙区の敗北を受けて記者団にこう語った。自公は3月、公明の斉藤鉄夫副代表を与党統一候補として広島3区に擁立することで合意。代わりに県内の他の小選挙区では公明が自民候補を支援する約束だ。石井氏はその方針は変わらないという認識も強調してみせた。

 斉藤氏の次期衆院選での「必勝」を期す公明は、…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文1042文字)

【2021衆参補選・再選挙】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集