虐待事件の精神科病院で違法隔離が常態化か 神戸市の調査で判明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
入院患者への虐待事件が起きた神出病院=神戸市西区で2020年3月4日午前11時53分、本社ヘリから
入院患者への虐待事件が起きた神出病院=神戸市西区で2020年3月4日午前11時53分、本社ヘリから

 入院患者への虐待事件があった神戸市西区の精神科病院「神出病院」で、職員の半数近くが虐待を認識し、全病棟での違法な隔離が10年以上前から常態化していた疑いが市のアンケートで判明した。

 同病院では2020年3月、元看護師ら6人による重度の精神疾患がある入院患者への虐待が発覚。トイレで水をかける暴行や患者同士で無理やりキスをさせるなどの行為が繰り返され、準強制わいせつや暴行などの罪で起訴された6人全員の有罪判決が確定している。

 アンケートは同12月、この6人を除く医師や看護師ら全職員218人を対象とし、匿名で市に直送する方式で行い、122人から回答があった。22日、学識経験者らでつくる市民福祉調査委員会で報告された。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文893文字)

あわせて読みたい

ニュース特集