B型肝炎訴訟 請求権の起算は「再発時」 最高裁判決

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
B型肝炎が再発した患者2人が国に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で「逆転勝訴」の旗を掲げる原告団。左から3人目は原告の平野裕之さん=東京都千代田区の最高裁判所前で2021年4月26日、北山夏帆撮影
B型肝炎が再発した患者2人が国に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で「逆転勝訴」の旗を掲げる原告団。左から3人目は原告の平野裕之さん=東京都千代田区の最高裁判所前で2021年4月26日、北山夏帆撮影

 集団予防接種が感染原因のB型肝炎を20年以上前に発症し、再発した慢性患者2人が国に賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)は26日、請求権が消滅する除斥期間(20年)の起算点を「再発時」と判断した。起算点が最初の発症時か再発時かで、1、2審の判断が分かれていた。再発時が除斥…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文281文字)

あわせて読みたい

注目の特集