特集

カルチャープラス

カルチャー各分野をどっぷり取材している学芸部の担当記者が、とっておきの話を報告します。インタビューの詳報、記者会見の裏話、作品やイベントの論評など、さまざまな手法で、カルチャー分野の話題の現象を記者の視点でお伝えします。

特集一覧

「民主主義は万華鏡、変幻自在に生き残る」山本圭・立命館大准教授

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「現代民主主義」(中公新書)の著者で立命館大准教授の山本圭さん
「現代民主主義」(中公新書)の著者で立命館大准教授の山本圭さん

 「民主主義の危機」が叫ばれている。だがそれは今に始まったことではない。立命館大の山本圭准教授(39)による新著「現代民主主義」(中公新書)は、ファシズムや全体主義の台頭など<様々な挑戦にさらされつつ生き延びた>民主主義の多面的な姿を描き、その可能性に迫る。「民主主義は光の当て方によって万華鏡のように見え方がころころと変わる。その変幻自在さが現在まで生き残ってきた秘密でもある」と山本さんは語る。

 民主主義に関する本は数多くあるが、「現代に焦点を当て、かつ手軽に概観できる本がないと思った」。あえて20世紀の議論にフォーカスし、いわく「民主主義の危機と克服の100年史」を紡いだ。政治学に加え、ジャック・デリダやエルネスト・ラクラウら現代思想における民主主義論に触れたのも特徴の一つ。「哲学の議論は、現実的な可能性に制約されない分、議論の枠組みを限りなく広げ、あらかじめ排除されてきた視点を差し出…

この記事は有料記事です。

残り2010文字(全文2409文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集