東京消防庁が「トイレカー」導入 災害現場で活用、更衣室も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京消防庁が導入した「トイレカー」=東京都千代田区で2021年4月26日午前10時28分、鈴木拓也撮影
東京消防庁が導入した「トイレカー」=東京都千代田区で2021年4月26日午前10時28分、鈴木拓也撮影

 東京消防庁は26日、トイレ機能に特化した車両「トイレカー」の運用を始めた。災害現場での長時間の活動が増え、女性職員の増加で現場でのトイレの確保が課題となっていたことから導入を決めた。全国の消防本部で初めてとみられる。

 車両内には、男性用の小便器2器と個室2室を設置したほか、女性職員のために施錠でき…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

あわせて読みたい

注目の特集