特集

ヤングケアラー

通学や仕事をしながら家族の介護をする子ども「ヤングケアラー」。将来が左右される深刻なケースも。

特集一覧

ヤングケアラー~幼き介護

元ヤングケアラー、支援や相談体制整備訴え 政府PT会合で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 家族の介護・世話をする子ども「ヤングケアラー」の支援に向けた政府のプロジェクトチーム(PT)の会合が26日あり、元ヤングケアラーらが自らの経験をもとに、学校現場での適切な支援や相談体制の整備などの対策を取るよう訴えた。PTは支援策を5月中にまとめる予定だ。【三上健太郎/デジタル報道センター】

 ヤングケアラーをめぐっては、政府は教育現場への全国調査を初めて実施し、その結果を4月12日に公表した。公立中学2年生の5・7%(約17人に1人)、公立の全日制高校2年生の4・1%(約24人に1人)が「世話をしている家族がいる」と回答し、世話の対象はきょうだいが最も多かった。

 この日の会合では、聴覚障害がある3歳年下の弟を持つ弁護士の藤木和子さんが、弟のコミュニケーションの手助けのために口の形や身ぶりで「通訳」したり、毎日のように学習をサポートしたりした経験を語った。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文942文字)

【ヤングケアラー】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集