死後に届いた在留カード(その1) 2度入管収容、病状悪化のカメルーン女性

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
生前のレリンディス・マイさん。いつもにこやかだったという=支援者提供
生前のレリンディス・マイさん。いつもにこやかだったという=支援者提供

 念願だった1枚のカードが届いたのは、息を引き取った3時間後だった――。日本で難民認定申請中だったアフリカ・カメルーン出身の42歳の女性が1月23日早朝、東京都内の病院で亡くなった。死因は全身に転移したがんだった。2度にわたり入管施設に収容され、仮放免(条件付きの解放)されたが一時はホームレス状態に。複数の支援者の尽力で命をつなぎ、最後に在留資格が認められたが、手遅れだった。母国の出身地域は情勢が不安定で、頼れる親族もいない。病床で「日本で暮らしたい。漢字を覚えたい」と語っていた女性。公的な救いの手はなぜ差し伸べられなかったのか。女性の命は本当に救えなかったのか。関係者を訪ね、女性の人生の終盤を追った。【鵜塚健】

 女性はレリンディス・マイさん。昨年11月16日夜、神奈川県座間市の街道沿いにあるコンビニエンスストアの駐車場で、マイさんはぐったりと一人で座り込んでいた。乳がんから始まり、全身に転移したがんは既に末期で、治療の手立てもなくなり病院を退院した。支援者の一人で、海老名市の牧師、阿部頼義さん(39)が声をかけた。片手には衣服一式が入ったビニール袋、もう片方には薬が入った袋を持ち、「わたし、ホームレスよ…

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1899文字)

あわせて読みたい

注目の特集