連載

香山リカのココロの万華鏡

精神科医の香山リカさんのコラム。06年から続く長寿連載。診察室から、現代人の“心の病”についての洞察します。

連載一覧

香山リカのココロの万華鏡

誰かに「親身」になれるか /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ある日の診察室でのできごと。

 めまいが気になるので大きな病院で診てもらう、と言っていた女性が、いつもより元気のない顔で入室してきた。私は心の中で、「あれ、なにか病気が見つかったのかな」と心配になった。

 ところが、「どうしたのですか」と尋ねると、彼女はこう答えたのだ。「あの大きな病院でいろいろ検査したのですが、どこもなんでもないって言われました」

 なんだ、それならよかったじゃない、それなのにどうして暗い顔をしているのだろう。そう質問する前に、その人はこんな話をしてくれた。

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文953文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集