特集

2021衆参補選・再選挙

4月25日投開票予定の衆院北海道2区補選と参院長野選挙区補選、参院広島選挙区再選挙を紹介します。

特集一覧

結束できたか・参院補選

/上 コロナ政策で共闘機運 政策協定で不信感も /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院長野選挙区補選で当選、拍手で祝福される羽田次郎氏(中央)=長野市で2021年4月25日午後8時8分、宮間俊樹撮影
参院長野選挙区補選で当選、拍手で祝福される羽田次郎氏(中央)=長野市で2021年4月25日午後8時8分、宮間俊樹撮影

 与野党対決となった参院長野選挙区補選は、立憲民主党新人の羽田次郎氏(51)が、自民党新人の小松裕氏(59)を制した。次期衆院選への「追い風にしたい」と野党は勢いづき、与党は「政治とカネ」や新型コロナウイルス感染症の対応で守勢に立たされた。選挙戦を振り返った。【坂根真理、駒木智一】

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1199文字)

【2021衆参補選・再選挙】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集