冨田・池田市長辞職表明 サウナ問題「根本は権力闘争」 記者会見 一問一答 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
厳しい表情で記者会見に臨む池田市の冨田裕樹市長=大阪府池田市で、木葉健二撮影
厳しい表情で記者会見に臨む池田市の冨田裕樹市長=大阪府池田市で、木葉健二撮影

 26日に池田市役所であった冨田裕樹市長の記者会見。辞職する意向を表明した冨田氏は市役所に家庭用サウナを持ち込むなど一連の問題・疑惑について「反省している」としたものの詳細は語らず、「事実ではなく、権力闘争が根本原因」と主張する場面が目立った。主な一問一答は次の通り。【榊原愛実】

「反省すべきところは反省」

 ――辞める時期は高齢者の(新型コロナウイルス)ワクチン接種が終わった時と言うが、来年なら来年まで市長として働くのか。

 ◆市民にワクチンを全部提供し終えるのは1年くらい、1年よりもかかるというのは見通すことができる。65歳以上の接種の対象者は1年とか先になることは想定しづらい。

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1719文字)

あわせて読みたい

注目の特集