特集

2021衆参補選・再選挙

4月25日投開票予定の衆院北海道2区補選と参院長野選挙区補選、参院広島選挙区再選挙を紹介します。

特集一覧

共産の「隠密行動」で一度きりの応援 野党共闘、絶妙のバランス

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
当選確実となり、支援者(左)とグータッチする松木謙公氏。事務所に共産関係者の姿はなかった。=札幌市北区で2021年4月25日午後8時45分、貝塚太一撮影
当選確実となり、支援者(左)とグータッチする松木謙公氏。事務所に共産関係者の姿はなかった。=札幌市北区で2021年4月25日午後8時45分、貝塚太一撮影

 衆院北海道2区補選を振り返るとともに、秋までに行われる衆院選を見据えた関係者の思惑も探った。

次期衆院「比例絡みハードル高く」

 「共闘の一番星の松木さんを当選させ、政権交代し、新しい政治の流れを作りたい」。札幌市北区で23日夕、立憲民主党元職の松木謙公氏(62)と並んで街頭に立ったのは、共産党の穀田恵二国対委員長だった。

 この応援演説、松木氏陣営などには事前に知らされない「隠密行動」(共産関係者)で、穀田氏が松木氏の演説日程をもとに、街頭で待ち構えて実現した。

 陣営は支援を受ける連合や国民民主党などへの配慮から「共産色」を薄めることに腐心しており、松木氏と共産関係者がまがりなりにも共に街頭に立ったと言えるのはこの一度きりだった。共産道委員会幹部は…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1183文字)

【2021衆参補選・再選挙】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集