リニア工費、1.5兆円増で7兆円超の見通し JR東海社長示す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
JR東海のロゴマーク=同社提供
JR東海のロゴマーク=同社提供

 JR東海が27日発表した2021年3月期連結決算は、最終(当期)損益が2015億円の赤字(前期は3978億円の黒字)に転落した。最終赤字は1987年の民営化後初めて。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、収益の柱である東海道新幹線の利用者数の大幅減などが響いた。一方で、22年3月期は最終利益が900億円に黒字化するとの見通しを示した。

 21年3月期の売上高は前期比55・4%減の8235億円。新幹線や在来線の利用者減少が響いたほか、百貨店やキオスクなどの収入も減った。本業のもうけを示す営業損益も1847億円の赤字(前期は6561億円の黒字)となった。

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文436文字)

あわせて読みたい

ニュース特集