池袋暴走事故 飯塚被告「アクセルペダルが床に張り付いて見えた」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京・池袋で2019年4月、近くの主婦、松永真菜さん(当時31歳)と長女莉子ちゃん(同3歳)が乗用車にはねられ死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)は27日、東京地裁(下津健司裁判長)で開かれた被告人質問で「アクセルを踏んでいないのに加速した。視線を落とすと、アクセルペダルが(運転席の)床に張り付いて見えた」…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集