空港に最新鋭の化学消防車 デザイン性高い外国製も配備増加

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
正面から見るとスタイリッシュなデザインのオーストリア製空港用化学消防車=北九州市小倉南区の北九州空港で2021年4月9日、上入来尚撮影(画像の一部を加工しています)
正面から見るとスタイリッシュなデザインのオーストリア製空港用化学消防車=北九州市小倉南区の北九州空港で2021年4月9日、上入来尚撮影(画像の一部を加工しています)

 各地の空港で最新鋭の空港用化学消防車の配備が進んでいる。日本製に加え、デザイン性の高い外国製の消防車が増えてきている。

 北九州空港(北九州市、福岡県苅田町)には3月、オーストリア製の化学消防車(全長約12メートル)が配備された。羽田空港で数年働いた車両で、広いキャビンや大きなドアなどが機能的に設計されている。36トンの重量で…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

あわせて読みたい

ニュース特集