鯉のぼりの「播州鯉」、生産大詰め 端午の節句前に 兵庫・加東

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
次々と鮮やかな色に染められるこいのぼり=兵庫県加東市で、木葉健二撮影
次々と鮮やかな色に染められるこいのぼり=兵庫県加東市で、木葉健二撮影

 5月の端午の節句を前に、兵庫県加東市で特産の「播州鯉(ばんしゅうごい)」の生産が大詰めを迎えている。

 播州鯉は1897(明治30)年ごろから農閑期の副業として広まった。最盛期には7軒の生産業者があったが、現在は2軒となった。

 その1軒の「柴崎物産」では、16メートルの作業台3列に長さ95センチ、幅…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文322文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集