特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

毛ガニがドーン 「海の幸ラーメン」 津波乗り越えた豪華な一杯

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
毛ガニ、エビ、ホタテ、アサリなどの魚介が麺が見えないほど乗った「海の幸ラーメン」=宮城県東松島市野蒜で2021年4月16日午後、神内亜実撮影
毛ガニ、エビ、ホタテ、アサリなどの魚介が麺が見えないほど乗った「海の幸ラーメン」=宮城県東松島市野蒜で2021年4月16日午後、神内亜実撮影

 東日本大震災で被災した宮城県東松島市野蒜(のびる)の食堂「えんまん亭」では、地元産の魚介をふんだんに使った豪華な一杯を提供している。大きなホタテ、毛ガニ、エビ、アサリ――。その名も「海の幸ラーメン」だ。

鶏ガラスープにカニみそのコク

 カニみそのコクが加わった鶏ガラスープに細い麺がよく絡み、口いっぱいに潮の香りが広がる。思わずスープを飲み干したくなったところで、店員がまるごと1匹入ったカニの身をほぐし、ホタテの殻に乗せてくれた。そのままスープをかけるもよし、ご飯を追加で注文してカニ雑炊に仕立てるもよし。人それぞれの味わい方を楽しめるという。

 全国から客が目当てに訪れる看板メニューは、店主の遠藤惣之助さん(79)が20年ほど前に「どこの店にもない独創的なラーメンを」と考案した。季節限定メニューもあり、冬は大粒のカキがたっぷり入った「カキラーメン」、春はシャコエビを使ったあんかけ丼などが人気だ。

この記事は有料記事です。

残り960文字(全文1360文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集