大谷、3季ぶり勝利投手に メジャー2度目の「二刀流」で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
レンジャーズ戦に先発したエンゼルスの大谷=米アーリントンで26日、AP
レンジャーズ戦に先発したエンゼルスの大谷=米アーリントンで26日、AP

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(26)が26日、敵地アーリントンのグローブライフ・フィールドで行われたレンジャーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場し、5回を4失点、9三振で3季ぶりに勝利投手になった。2018年10月に右肘手術を受けた影響で、勝ち星は同年5月が最後だった。

 前日にはメジャー最多タイの7号本塁打を放っており、記録専門会社によると、メジャートップの本塁打をマークしている選手の先発登板は1921年のベーブ・ルース以来、100年ぶりの快挙という。

 投打同時…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文401文字)

あわせて読みたい

注目の特集