連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

隠密の急襲作戦 避けられなかった米軍ヘリ墜落 ビンラディン裏ファイル①

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ブラックホークからの降下訓練をする米陸軍の兵士=米陸軍提供
ブラックホークからの降下訓練をする米陸軍の兵士=米陸軍提供

 米同時多発テロ事件で世界を震撼(しんかん)させたウサマ・ビンラディン。今年はあのテロから20年、首魁(しゅかい)の殺害から10年を迎える。米国史上最長の戦争となったアフガニスタンからの撤退も秋までにはある。ビンラディンの素顔に迫る「特集ワイド ビンラディン・ファイル」を連載中の筆者が、一連の事件にまつわる裏話や執筆に至るエピソードなどをつづり、「裏ファイル」としてお届けする。

   ◇

 急襲作戦を描いた作品は数多い。出色は「アメリカ最強の特殊戦闘部隊が『国家の敵』を倒すまで」(講談社)。作戦に参加したビソネットがペンネームを使って書いた。米特殊部隊を長年取材するケビン・マウラーとの共著で、作戦から1年半後の2012年9月に刊行された。国際政治の動向など難しい話は一切抜きに現場の状況だけを伝える。写真や図説も盛りだくさん。エンターテインメント作品として一気に読める。

 米国で大ベストセラーになり、数億円とも言われる印税収入がビソネットの手に入る。だが、特殊部隊の急襲作戦は、いまなお世界各地で続く。克明な記述は、相手に手の内をさらし、友軍を危険にさらす。国防総省は厳しい処分を検討、ビソネットは印税を全額、国庫に納めることで手を打った。

 急襲作戦における最初の試練となったのが、海軍特殊部隊シールズを乗せてビンラディンの隠れ家に向かったブラックホーク、チョーク1の墜落である。事故について、ビソネットはこんなエピソードを紹介している。パキスタンのアボ…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文1294文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集