馬の雪形「もう逃げないで」 岐阜・高山の笠ケ岳 田植え準備

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年も姿を見せた馬の形をした雪形に見守られはじまった農作業=岐阜県高山市上宝町蔵柱で2021年4月26日午後1時36分、大竹禎之撮影
今年も姿を見せた馬の形をした雪形に見守られはじまった農作業=岐阜県高山市上宝町蔵柱で2021年4月26日午後1時36分、大竹禎之撮影

 岐阜県高山市の北アルプス笠ケ岳(標高2898メートル)の西側斜面に、今年も馬のような姿の残雪が浮かび上がった。

 山肌に残る雪の模様が何かの形に見える現象を昔から「雪形(ゆきがた)」と呼ぶ。笠ケ岳を望む同市上宝町の農家では、昔から馬の形の雪形が現れると、田植えの準備を始める時期の目安にしてきた。

 今年は降雪は多かったが解けるのも早く、…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文396文字)

あわせて読みたい

注目の特集