特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

星空届ける、これからも 私設プラネタリウム、コロナで5月閉館

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
青星の糸賀富美男館長(左)と高橋洋子さん。後方にあるのがプラネタリウムとなるミニドーム=埼玉県上尾市原市で2021年4月22日、大平明日香撮影
青星の糸賀富美男館長(左)と高橋洋子さん。後方にあるのがプラネタリウムとなるミニドーム=埼玉県上尾市原市で2021年4月22日、大平明日香撮影

 埼玉県上尾市原市の私設プラネタリウム「星と宇宙のミニ博物館 青星」が5月15日を最後に閉館する。元さいたま市宇宙劇場館長の糸賀富美男さん(60)が2018年6月に開館。直径2・6メートルのミニドームを使った家庭的な雰囲気で、小さな子どもでも楽しめると好評だったが、コロナ禍で運営難となった。閉館後は「移動プラネタリウム」として保育園や公民館などに出張し、地域住民に宇宙の魅力を伝え続けるつもりだ。【大平明日香】

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1225文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集