特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「路上飲み」やめて 換気良くても感染リスク、専門家が警鐘

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
歩道に置かれたテーブルで酒を飲む人たち=大阪市北区で2021年4月26日午後9時33分、清水晃平撮影
歩道に置かれたテーブルで酒を飲む人たち=大阪市北区で2021年4月26日午後9時33分、清水晃平撮影

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言の発令で大阪など4都府県では酒を提供する飲食店が休業するなか、繁華街では複数の人が屋外で飲酒する「路上飲み」が目立っている。しかし、屋外でもマスクを外して大声を出すと、感染源の飛沫(ひまつ)を浴びせてしまうことが理化学研究所などの分析で分かった。専門家は「路上飲みは、リスクが高い」と警鐘を鳴らす。

 26日午後8時ごろ。大阪市西区の靱(うつぼ)公園では会社員らのグループが10組近く集まり、缶ビールや酎ハイを片手に談笑していた。小さなテーブルや折りたたみ椅子を持ち込む人もいる。近くの会社に勤める男性(47)は、同僚2人とコンビニエンスストアで酒を買い込んで訪れた。3時間近く飲むという。「オンラインより、やはり直接会う方が楽しい。外なら換気が良いし、感染対策にもなる」と話した。

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1139文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集