特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

観光施設閉鎖、抗原検査…GW中の県境またいだ移動に首長ら警戒

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
臨時記者会見をする(左から)福岡県久留米市の大久保勉市長、久留米大病院の高須修副院長、聖マリア病院の本田順一副院長=同市役所で2021年4月28日午後4時10分、高芝菜穂子撮影 拡大
臨時記者会見をする(左から)福岡県久留米市の大久保勉市長、久留米大病院の高須修副院長、聖マリア病院の本田順一副院長=同市役所で2021年4月28日午後4時10分、高芝菜穂子撮影

 新型コロナウイルスの感染対策で東京や大阪など4都府県に緊急事態宣言が発令される中、29日からゴールデンウイークが始まる。感染拡大を警戒する各地の自治体は、観光施設の休業や大型イベントの中止を相次ぎ発表し、首長らが連休中の移動自粛を求めた。

 「ゴールデンウイーク中は自宅にいてほしい」。4月に入って感染者が急増し、人口10万人当たりの感染者数が大阪府や東京都を超える日も出ている福岡県久留米市の大久保勉市長は28日、臨時の記者会見を開き、厳しい表情で不要不急の外出自粛を呼びかけた。

 会見には市内の重点医療機関である久留米大学病院の高須修副院長と聖マリア病院の本田順一副院長も同席。両病院ともコロナ病床はほぼ満床といい、高須副院長は「依頼の7、8割しか受け入れることができない状況」、本田副院長は「中等症でも受け入れできない。変異株は重症化のスピードが速いが、連休中に患者が増えても医療現場はもう無理な状態だ」と訴えた。共にコロナ以外の救急医療も逼迫(ひっぱく)しているという。

 まん延防止等重点措置の対象となっている沖縄県の玉城(たまき)デニー知事も28日の会見で「特に緊急事態宣言区域やまん延防止等重点措置区域からの帰省や来沖は厳に控えていただくよう要請します」と語った。感染状況は4月中旬に比べれば落ち着きつつあるが、連休中は7万人超の観光客が沖縄を訪れるとの予測もあり「変異株のまん延を許せば、感染状況は再び急拡大に転じ、医療崩壊を招きかねない」と警戒。北谷(ちゃたん)町など5町をまん延防止措置の対象に追加すると発表した。

入り口に休園を知らせる張り紙が掲示された長崎市の観光名所「出島」=同市出島町で2021年4月28日午後4時22分、長岡健太郎撮影 拡大
入り口に休園を知らせる張り紙が掲示された長崎市の観光名所「出島」=同市出島町で2021年4月28日午後4時22分、長岡健太郎撮影

 一方、長崎市では28日、観光施設などの臨時休館・休園と飲食店に対する午後8時までの営業時間短縮要請が始まった。観光都市・長崎にとって大型連休は稼ぎ時だが、4都府県への緊急事態宣言発令に加え、長崎市内でも感染者が急増していることから、連休直前の26日になって「苦渋の決断」(担当者)で5月11日までの休館を決めた。

 休館・休園対象にはグラバー園や国史跡の「出島」、長崎原爆資料館など観光客に人気の施設が軒並み含まれる。28日に大浦天主堂を訪れた岩手県の50代男性は「閉鎖は知らなかった。どこもかしこも閉まっていて残念だが、屋内は密になるので仕方ない」と話した。

 熊本市でも26日から予定していた熊本城天守閣内部の一般公開が延期に。2016年4月の熊本地震で被災した熊本城の一般公開は連休中の観光の目玉だったが、市内の病床逼迫などを受け公開を断念した。また、大型連休中のイベントとしては例年全国最多の人出となる福岡市の「博多どんたく港まつり」(5月3、4日)や、85万人の来客を見込んでいた「有田陶器市」(4月29日~5月5日、佐賀県有田町)など大規模イベントの中止も各地で相次ぐ。

29日からの運用開始に向け準備が進む大分駅前の抗原検査センター=大分市末広町で2021年4月28日午後4時23分、石井尚撮影 拡大
29日からの運用開始に向け準備が進む大分駅前の抗原検査センター=大分市末広町で2021年4月28日午後4時23分、石井尚撮影

 そうした中、大分市は29日、感染の有無を確認する「抗原検査センター」をJR大分駅前に開設する。市内には「高崎山自然動物園」や大分マリーンパレス水族館「うみたまご」など観光客に人気の施設も多く、大型連休に間に合わせた。観光客らを無料で検査し、陽性反応が出た場合はPCR検査を受けるよう促す。

 設置費用は1億5000万円で、検査キットは約6万人分を用意。大分空港にチラシを置いたり、東九州道のインターチェンジに看板を設置したりして鉄道利用者以外にも検査を受けるよう促す。市は6月末ごろまで続けることにしており、佐藤樹一郎市長は「県外からウイルスが流入してまん延するのを防ぐため水際対策として実施する」と説明している。【高芝菜穂子、遠藤孝康、長岡健太郎、石井尚】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集