特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

#五輪をどうする

コロナ禍 中止を選択すべき条件とは 濱田篤郎・東京医大教授

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
濱田篤郎・東京医大教授
濱田篤郎・東京医大教授

 東京オリンピック・パラリンピックの開催を巡って大きな障害になっているのが、新型コロナウイルスの感染拡大だ。

 感染症に詳しい東京医大の濱田篤郎教授(渡航医学)は東京五輪を開催するための必須条件として「医療資源の確保」を挙げる。「医師や看護師らが新型コロナウイルスの感染者の治療や対応に当たり、ワクチン接種にも医療従事者が必要になる。国民の優先順位はこの二つにある。その上で、五輪開催に医療資源を割けるかどうか」とした上で「それが難しければ中止を選択するしかない」と断言する。

 濱田氏は五輪開催に当たって対応が迫られる課題として、まず変異株への対応を挙げる。「日本は外国人の新規入国を原則禁止するなど『鎖国状態』にあるが、それでも日本人の帰国者から変異株が見つかっている」と指摘する。五輪では1万人を超える選手を含めて、コーチや審判、報道関係者ら万単位の人数が入国する見込みだ。濱田氏は「人手が大変な検疫に、さらに大きな負荷がかかるのは避けられず、変異株が増えるリスクは高くなる」と語る。

 政府は選手らに原則として毎日検査する方針を示すが、これも医療への大きな負荷となる可能性が高い。濱田氏が鍵とするのが、…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文1006文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集