広島・佐々岡監督「初回にもう1本ほしかった」 DeNAに敗れる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
広島の佐々岡真司監督=広島市のマツダスタジアムで2021年4月20日午後2時3分、大東祐紀撮影
広島の佐々岡真司監督=広島市のマツダスタジアムで2021年4月20日午後2時3分、大東祐紀撮影

○DeNA13―2広島●(28日・マツダ)

 広島は先発の床田が4回5失点と試合を作れず、4連勝はならなかった。広島の佐々岡真司監督の試合後のコメントは次の通り。

 広島・佐々岡監督

 (一回の攻撃について)昨日の流れからあそこで1本出ていたら、向こうもああいう状態だから、今日もか、っていう感じになるんだろうけど。最少失点で踏ん張られた。あと一本欲しかった。

 (打順について)2番に羽月が入って、いろんな攻撃ができている。足も絡められている。捕手のアツ(会沢)と坂倉で変わるところはあるけど。あとはクロンがね。ああいう三振を見ると。攻められ方も分かっている中で、それを振ってしまうんだから。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文504文字)

あわせて読みたい

ニュース特集