連載

強まる差別

米国で急増するアジア系住民へのヘイトクライム。偏見や差別の歴史の背景にあるものとは。

連載一覧

強まる差別

米国アジア系住民の今 残る傷、多様性に疑念 路上で突然殴られた日本人女性

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オンラインでインタビューに答える那須紀子さん=米西部ロサンゼルスで2021年4月14日、福永方人撮影
オンラインでインタビューに答える那須紀子さん=米西部ロサンゼルスで2021年4月14日、福永方人撮影

 顔に強い衝撃を感じた瞬間に気を失い、路上に倒れ込んだ。知らない男に殴られて重傷を負い、ひどい後遺症に悩まされている。新型コロナウイルスの流行以降、米国で急増するアジア系住民へのヘイトクライム(憎悪犯罪)。被害に遭った日本人女性が、オンラインで毎日新聞のインタビューに応じた。理不尽な暴力の犠牲になり、何を思うのか。

 2月25日午後9時半ごろ、西部シアトルのチャイナタウンでパートナーの白人男性と落ち合った直後のことだった。現地の公立高校の日本語教師、那須紀子さん(44)は、近づいてきた男に突然、石とみられる硬い物が入った靴下で顔面を強打された。鼻とほおの骨が折れ、歯も2本欠けた。「最初は何が起きたのか分かりませんでしたが、後で防犯カメラの映像を見ると、男は手前にいる(パートナーの)彼ではなく私を襲い、何も盗ま…

この記事は有料記事です。

残り1842文字(全文2200文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集