特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

このペースで感染拡大すると… 青森県「5月中旬にも医療逼迫」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
危機対策本部会議で今後の感染見通しを説明する大西基喜医師=青森市長島の青森県庁で2021年4月28日午後4時10分、江沢雄志撮影
危機対策本部会議で今後の感染見通しを説明する大西基喜医師=青森市長島の青森県庁で2021年4月28日午後4時10分、江沢雄志撮影

 青森県は28日、新型コロナウイルスの県内の感染者増加率などについて分析した結果を公表し、現在のスピードで感染拡大が進むと5月中旬にも県内の感染者向け病床が満床となり、医療体制が逼迫(ひっぱく)するとの見通しを示した。三村申吾知事は分析を受け、「こうした状況が続くとまん延防止等重点措置や緊急事態措置を実施しなければならなくなる」と危機感をあらわにした。【江沢雄志】

 県によると現在、新型コロナによる入院者数は過去最高水準で、24日までの直近2週間の感染者増加率は一日平均5・7%。同様の割合で感染者が増加し続けた場合、5月14日には1日の感染者数が78人となり、県が感染者向けに確保している入院病床193床が満杯になるという。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文738文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集