特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

10年の変遷が分かる 放射性物質と食の安全 地図をネットに公開

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
地図上で自治体の基準値超え品目の状況を見る野口靖教授=東京都中野区で2021年4月9日、青島顕撮影
地図上で自治体の基準値超え品目の状況を見る野口靖教授=東京都中野区で2021年4月9日、青島顕撮影

 東京工芸大(東京都中野区)の野口靖教授は、福島第1原発事故から10年を迎えたのを受けて、放射性物質の食品への影響が時間的にどう移り変わったかが分かる地図をウェブサイトに公開した。厚生労働省が定期的に公表する検査結果を基に、検査品目中に放射性物質が基準値を超過した食品がどれだけあったかの割合を月ごとに色で表した。現在、基準値を上回る食品はほぼゼロで、野口教授は「風評被害の防止につながるのでは」と期待する。【青島顕】

 3月下旬に公開したホームページを開くと、2011年3月の福島県の地図が表示され、市町村ごとに色がついている。最初の画面では、基準値を超す品目の割合が多いことを示す濃い色の自治体が同県浜通りなどにいくつかあるが、動画がスタートすると画面は2秒ごとに1カ月が経過。それに伴って自治体についた色が薄くなり、5年後にはほぼ全面が白(基準値を超える品目がゼロ)になる。地図上を移動して東日本の他都県を表示させ…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文724文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集