国道の真ん中に泣いている2歳児が 母娘のとっさの行動に感謝状

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
佐賀県警伊万里署で大坪署長(左)から感謝状を贈られた井手舞奈美さん(中央)、天舞さん
佐賀県警伊万里署で大坪署長(左)から感謝状を贈られた井手舞奈美さん(中央)、天舞さん

 迷子になって4車線道路の中央で泣いていた2歳男児を保護したとして、佐賀県警伊万里署は嬉野市立嬉野中学3年生の井手天舞(ひらり)さん(14)と母親の舞奈美さん(44)に感謝状を贈った。スピードを落として通り過ぎる車もある中で、舞奈美さんは見過ごさず普通乗用車を路肩に止めて、男児を抱きかかえたといい、大坪正文署長は「行動を起こして、事故を防いだ」とねぎらった。

 同署によると、男児が保護されたのは3月17日午後6時20分ごろ、伊万里市中心部の国道202号六仙寺交差点近くだった。舞奈美さんは天舞さんを市内のスイミングスクールに送る途中で、約15メートル先から対向して走ってくる男児に「目に入った状況が信じられなくて、とっさに外に出た」。男児を保護後、車を安全な場所に移し、同署に連絡。午後6時42分に署員が駆けつけるまで、天舞さんは男児と手をつなぐなどしてあや…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文635文字)

あわせて読みたい

ニュース特集