負傷の響龍が亡くなる 春場所取組で頭部強打

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
両国国技館=東京都墨田区で、本社ヘリから
両国国技館=東京都墨田区で、本社ヘリから

 日本相撲協会は29日、東三段目79枚目・響龍(28)=本名・天野光稀、山口県出身、境川部屋=が28日に急性呼吸不全のため、入院していた東京都内の病院で亡くなったと発表した。

 響龍は東三段目65枚目だった春場所13日目の3月26日、すくい投げで敗れた際、俵に頭から落ちて強打し、うつぶせのまま動けなくなった。土俵上であおむけにされ、数分後に両国国技館内の相撲診療所の医師が到着。状態を確認した後、担架で運び出され、救急搬送された…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集