特集

聖火リレー

2020東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレーのページです。

特集一覧

走ることも見ることもできない聖火リレー コロナで翻弄の1カ月

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
セレモニーで涙ながらに謝罪をする愛媛県の中村時広知事(中央右)=松山市の松山城城山公園で2021年4月21日、藤井達也撮影
セレモニーで涙ながらに謝罪をする愛媛県の中村時広知事(中央右)=松山市の松山城城山公園で2021年4月21日、藤井達也撮影

 東京オリンピックの聖火リレーが新型コロナウイルスの「第4波」に翻弄(ほんろう)されている。5月1日から始まる沖縄県の本島部では、大阪府や松山市に続いて公道での実施が見送られた。規模を縮小する自治体も相次いでおり、大会機運の醸成にはほど遠い状況だ。

 「走るのを楽しみにしていた皆様にその機会を与えることができず、すみませんっ」。4月21日夜、松山市内。聖火の到着を祝うセレモニー会場で、愛媛県の中村時広知事が涙ながらに頭を下げた。市内を走る予定だった聖火ランナーに対し、公道でのリレーが中止となり、会場でトーチを掲げるだけになったことをわびたのだ。ランナーの一人は「セレモニーがあるだけよかった」と話したが、その表情からは割り切れなさも見て取れた。

 聖火リレーは「Hope Lights Our Way/希望の道を、つなごう。」をテーマに、3月25日に福島県をスタートした。当初から大会機運の醸成と感染対策の両立というジレンマを抱えていたが、ここに来て感染再拡大の影響をまともに受けている。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文1111文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集