タンタン、元気になって 神戸のパンダ 回復願う声が1万件超

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
苦い薬を吐き出すこともあるタンタン=神戸市立王子動物園で(神戸市提供)
苦い薬を吐き出すこともあるタンタン=神戸市立王子動物園で(神戸市提供)

 20年余にわたり神戸の街に愛され続ける雌のジャイアントパンダ「タンタン」に、心臓疾患が判明し、全国から励ましや回復を祈る声が1万件以上寄せられている。異変発覚から約3カ月。食欲が減り、苦い薬を吐き出すこともあるが、飼育する神戸市立王子動物園(同市灘区)などが、全力で治療にあたっている。新型コロナウイルスの感染拡大による休園で、愛くるしい姿を見ることはできないが、同園は「また元気な姿を見せられるよう体調管理に努めたい」としている。

 タンタンは中国四川省出身の25歳で、人間なら70代に相当する。繁殖研究と阪神大震災(1995年)からの復興を後押ししようと、4歳だった2000年7月、3歳の「初代コウコウ」と同園に来た。繁殖能力が低いとして02年に帰国したコウコウの代わりに来日した7歳の雄「2代目コウコウ」との間で人工授精を進めたが、07年に死産、08年に誕生した子供は3日後に死んだ。

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1342文字)

あわせて読みたい

ニュース特集