連載

海保真人のこの馬◎

海保真人記者による競馬予想。

連載一覧

海保真人のこの馬◎

馬体充実、力つけた ディープボンド

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

阪神11R・天皇賞・春(GⅠ)WIN5<5>=ディープボンドは馬体増とともに力をつけているようだ。阪神大賞典はデビュー以来初めて500キロを超え、重馬場を豪快に駆け抜けて圧勝。豊富なスタミナは距離がさらに延びる本番でも生かせる。和田竜騎手にとっても春の盾制覇は2000年と01年、テイエムオペラオーで連覇して以来の好機到来だ。

阪神10R・端午S(3歳・オープン)WIN5<2>=デュアリストは唯一の3勝馬。デビュー2戦目の中京ダート1400メートルをレコード勝ちし、続く交流重賞の兵庫ジュニアGPを逃げて制した。前走の昇竜Sは差し切れず2着となったが、実績、実力ともトップ級。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文787文字)

あわせて読みたい

注目の特集