千葉の親子殺傷、41歳容疑者逮捕

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 千葉県市原市の住宅で親子2人が刺されて70代の父親が死亡し、40代の息子が重傷を負った事件で、県警市原署は1日、親戚とみられる同市江子田の自称配管工、内藤昌弘容疑者(41)を息子に対する殺人未遂容疑で逮捕した。内藤容疑者は「刃物で突き刺し殺そうとした」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は4月30日午後2時55分ごろ…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文265文字)

あわせて読みたい

注目の特集