特集

バイデン政権2021

第46代米大統領となったバイデン氏。分断された国内や不安定化する国際情勢にどう対応するのでしょうか。

特集一覧

バイデン政権、北朝鮮と対話重視 政策見直し完了「交渉を模索」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米ホワイトハウスの中庭サウス・ローン=ワシントンで2019年7月15日、高本耕太撮影
米ホワイトハウスの中庭サウス・ローン=ワシントンで2019年7月15日、高本耕太撮影

 米ホワイトハウスのサキ報道官は30日の記者会見で、対北朝鮮政策の見直しを完了したと明らかにした。サキ氏は「朝鮮半島の完全な非核化という目標は変わらない。我々は現実的なアプローチを呼びかけ、米国や同盟国の安全を高めるため、内容のある進展を目指して、北朝鮮との外交交渉を模索していく」と説明し、対話路線…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

【バイデン政権2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集